top of page
Home Office Study_edited.jpg

試行錯誤の結果、成績が上がらなかった
そんなお子様のための
オンライン家庭教師

検索
  • 執筆者の写真オンライン家庭教師奥山

【定期テスト対策】中間・期末テストの勉強法


成績アップのためには、中間・期末テストの勉強方法を工夫することが大切です。科目ごとに適切なアプローチを取ることで、効果的な学習を実現できます。以下では、全科目共通の勉強ポイントと科目別のアドバイスを紹介します。


 

[全科目共通ポイント]

準備編: まずは教科書、学校指定のワーク、授業プリントを準備しましょう。ワークがない場合、教科書準拠の参考書を活用しましょう。おすすめは「教科書ぴったりトレーニング(ぴたトレ)」です。

勉強編: ワークはテスト勉強のメインです。最低でも3周はワークを解きましょう。分からない問題があれば、教科書や授業プリントを復習して理解を深めます。1周目で楽勝だった問題は2周目と3周目は省略しても構いません。徐々に楽勝問題を増やし、効率的な学習を目指しましょう。


[科目別勉強ポイント]

国語

  1. 漢字の早めの勉強: 漢字は必ずテストに出題されます。試験範囲が広いため、早めに暗記を始めましょう。授業で習った漢字はすぐに覚えることがポイントです。

  2. 本文の暗記: 定期テストでは、教科書の本文が出題されることが多いです。テスト中に本文を読み返す時間を節約するため、事前に本文を暗記しましょう。

  3. 文法問題の対策: ワークの文法問題が不足している場合、追加問題を求めて先生に相談しましょう。文法の理解を深めるためにも重要です。

数学

  1. 基礎問題を優先: 基礎、応用、発展の問題がある場合、まず基礎問題を徹底的に解いてみましょう。時間が余った場合に応用や発展問題に取り組むと効果的です。


英語

  1. 英単語の事前学習: 英単語の意味を把握しないと勉強が進まないことがあります。学校の授業前に教科書に載っている英単語を覚えておくことをおすすめします。

  2. 本文の英訳: 英語の本文はテストで出題されることが多いですが、すべてを覚えるのは難しいかもしれません。代わりに、日本語文を言われたら英文を完璧に書けるようにしましょう。

理科と社会

  1. ワークを重ねる: 理科と社会の勉強でもワークを重ねることが重要です。問題を解くことで記憶が定着しやすくなります。理解できなかった問題は教科書や授業プリントで補完しましょう。


まとめ

中間・期末テストの勉強は、科目ごとに適切なアプローチが求められます。教科書やワークを活用し、基礎をしっかり固めつつ、重要ポイントを押さえることで、テストの成績向上が期待できます。しっかり計画を立てて、効果的な学習を心掛けましょう。


体験授業はこちらから!



閲覧数:4回

最新記事

すべて表示
bottom of page