top of page
Home Office Study_edited.jpg

試行錯誤の結果、成績が上がらなかった
そんなお子様のための
オンライン家庭教師

検索
  • 執筆者の写真オンライン家庭教師奥山

ケアレスミスをなくし、テスト・受験勉強で点数をアップする方法

テストや試験の際、ケアレスミスを防ぐためにどのような方法があるでしょうか?この記事では、テスト中に意識すべき2つの重要なポイントについて解説します。


ポイント1: 1分でテスト全体を見る

1. 80点を取り、20点を捨てる

テストが始まったら、まず最初に考えるべきことは、80点を取り、残りの20点を捨てることです。これは全体のペース配分を意識するためのスタート地点です。何も考えずに問題に取り組むのではなく、自分の実力に合った範囲を選んで取り組むことで、より効率的に問題を解くことができます。

2. 全体のペース配分を考える

80点を取るために、各問題にどれくらいの時間を割くべきかを計画しましょう。テストの時間内に全問を解くためには、適切なペースが必要です。10分程度は余分に取ることを考えておくと、精神的余裕が生まれます。余裕のある時間は、見直しや難しい問題への対策に役立ちます。

3. 難しい問題をねばるか

難しい問題に遭遇した際、ねばるか捨てるかの判断が重要です。全ての問題に時間を費やすことは難しいため、時間がない場合は一時的に問題を捨てる決断をしましょう。後で時間を確保して、難問に再挑戦することもできます。

4. 時間がない時は、ひとまず問題を捨てる

テスト時間が迫っている場合、焦らずにひとまず問題を捨てることが有効です。時間切れになる前にできる限り多くの問題に取り組むことが大切です。捨てた問題は後で戻って見直すこともできます。


ポイント2: 印を付けながら進める

1. 問題を解きながら、見直すべきところを意識し、印をつけて見直す

問題を解く際、一度通過したら終わりではありません。解きながら、もう一度見直すべきポイントや不確かな部分を意識しましょう。その際、問題の横や余白に印をつけることで、後で見直す対象を明示化できます。

2. 見直しは一からしない

問題を見直す際、一から解き直すのではなく、最初に解いた答えを見つつ、間違いやケアレスミスを探しましょう。見直し作業を迅速に行うためには、最初の解答が大切です。

3. 見直しは、もう1回解く

ケアレスミスや誤答を見つけるために、問題をもう一度解いてみましょう。2回目の解答を通じて、自身の間違いを特定しやすくなります。また、2回目の解答では異なるアプローチを試してみることも役立ちます。


まとめ

ケアレスミスを防ぐために、テスト中にこれらのポイントを意識しましょう。計画的なアプローチと見直しの工夫を取り入れることで、テストのスコア向上が期待できます。



体験授業はこちらから!

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示
bottom of page