top of page
Home Office Study_edited.jpg

試行錯誤の結果、成績が上がらなかった
そんなお子様のための
オンライン家庭教師

検索
  • 執筆者の写真オンライン家庭教師奥山

1日12時間!長時間勉強を継続する方法

更新日:2023年9月17日


長時間勉強を続けることは、目標を達成しスキルを磨く上で重要な要素です。しかし、長時間集中することは容易なことではありません。1日12時間にわたる長時間勉強を継続するための効果的な方法をご紹介します。


 

ポイント① 誘惑が無い場所に行く

まずは、学習環境の整備から始めましょう。スマートフォンやSNSから遠ざかり、静かな場所で学習することで、無駄な誘惑を排除し集中力を高めることができます。図書館や静かなカフェなど、誘惑が少ない場所を選びましょう。


ポイント② 休憩も計画に入れる

長時間の学習を継続するためには、適切な休息が不可欠です。ポモドーロテクニックを活用し、集中的な学習と5分の休息を繰り返すことで、疲れを軽減し効果的な学習が可能です。午前中と午後のセッションの間にも、長めの休憩を挟んでリフレッシュしましょう。


ポイント③ 前日の夜に学習計画を立てる

計画的な学習を実現するためには、前日の夜に学習計画を立てることが大切です。以下のステップを参考にしてみましょう。

  1. 一番頭が冴えている時間を大事に使う:朝の時間帯は集中力が高まるため、難しい課題を取り組むのに適しています。

  2. 計画段階ではちょっとだけ無理する:目標達成のためには、少し無理をして努力することが大切です。計画を立てる段階で適度なプレッシャーをかけましょう。

  3. 達成できなくても自分を責めすぎない:計画通りに進まなかったとしても、自分を責める必要はありません。柔軟な考え方で、継続的な努力を心がけましょう。


ポイント④ 耳で聞くだけの勉強を用意する

長時間の学習中に、耳で学習できる素材を準備しましょう。ポッドキャストやオーディオブックは、移動中や軽作業中など、効果的に学習時間を活用するのに役立ちます。知識の幅を広げるチャンスとなることでしょう。


ポイント⑤ 眠い時は机で寝る

眠気に襲われたら、無理に起きて勉強を続けるよりも、一時的に仮眠を取ることが大切です。ただし、机や椅子で仮眠を取ることで、熟睡しすぎず、学習を再開することができます。睡眠の質を保ちつつ効率的な学習を行いましょう。


ポイント⑥ 他人に勉強計画を宣言する

目標を他人に宣言し、進捗を共有することで、モチベーションを高めることができます。友人や家族、SNSなどを通じて、自分の努力と成果を共有しましょう。仲間のサポートを受けながら学習を進めることで、長時間の集中も可能になります。


[具体例]1日12時間勉強のスケジュール

それでは、1日12時間の勉強スケジュールを具体的に見てみましょう。


【朝】

  • 7:30〜8:35:60分の集中的な勉強を行います。その後、5分間の休憩を挟みます。

  • 8:35〜9:40:60分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 9:40〜10:45:60分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 10:45〜11:50:60分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 11:50〜12:50:60分の集中的な勉強を行います。

【昼】

  • 12:50〜13:30:40分の昼休憩を取ります。食事やリラックスの時間として利用しましょう。

  • 13:30〜14:25:50分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 14:25〜15:20:50分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 15:20〜16:15:50分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 16:15〜17:10:50分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 17:10〜18:00:50分の集中的な勉強を行います。

【夜】

  • 18:00〜19:00:1時間の夜休憩を取ります。夕食やリラックスをしましょう。

  • 19:00〜19:45:40分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 19:45〜20:30:40分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 20:30〜21:15:40分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 21:15〜22:00:40分の勉強と5分の休憩を繰り返します。

  • 22:00〜22:10:1日の振り返りを行い、自分の学習の進捗を確認します。


まとめ

長時間の学習を継続するためには、環境づくりや計画的な休息、学習スケジュールの立て方が重要です。具体的なポイントを抑えて、誘惑に負けずに集中的な学習を実現しましょう。自分の目標に向かって、着実に前進することがでます。是非、試してみてくださいね!


体験授業はこちらから!



閲覧数:57回

最新記事

すべて表示
bottom of page